[東京都] 02月14日(水) ペルコン

もうしわけありません。このセミナーは既に募集を終了いたしました。

セミナー情報

セミナーID 18667
セミナー名 ペルコン
受講料(税込)
会員:4,400円
非会員:4,400円
再受講:1,100円

再受講料金での受講はJCCA会員の方のみとなっております。

注意事項 ★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
★                             ★
★ 【受講条件】                      ★
★  ベーシックセブンセミナーを受講済みの方        ★
★                             ★
★  ※ 条件に満たない方はご受講いただけません ※     ★
★                             ★
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

●セミナー申込期限●
 セミナー前日 18時まで申込可

●受講料お支払期限●
 申込時に支払完了

●キャンセルについて●
 お申込後のキャンセル・お申込間違い・日程変更は、
 全て【キャンセル扱い】となり、キャンセル料がかかります。

●メール受信設定のお願い●
 お申込後、自動返信メールが届きます。
 迷惑メール設定をされている方は【@jcca-net.com】からの
 メールを受信できるよう設定をお願いいたします。

●セミナーの開催方法について●
 当協会のセミナーは、ハイブリット開催はしておりません。
 必ず、開催地の確認をお願いいたします。
※ハイブリット開催・・・対面、オンラインの選択はできません。

●受講条件のあるセミナーにお申し込みの際は
 該当セミナーのテキストをご提示いただく場合がございます。
 マイページにて受講履歴が確認できない場合は、ご用意の上事務局まで
 ご連絡ください。
講師名 齋藤廣之

(マスタートレーナー)

日程 2024年02月14日(水)
時間 10:00 〜 11:30
申し込み締め切り日 2024年02月12日(月)
主催者からの
メッセージ
ストレッチポールを使い、骨盤帯を整えることに特化した
「ペルコン(骨盤帯のコンディショニング)」
を安全で効果的に指導できるようになることを目標とした90分間のセミナーです。

概要
■骨盤の構造を学ぶ
■ポールオンの骨盤へのメリットを理解する
■ペルコンの指導実践

ペルコンは、腰痛に関係の深い股関節、骨盤帯のアライメント改善を目的とし、
体の土台である骨盤を整えます。
骨盤帯のアライメントを整え安定性を促すパッケージエクササイズであるペルコンを実践することができるようになります。


同日開催セミナー
◆ JCCA認定 ベーシックセブンプラス

是非、この機会に合わせて学んでみてはいかがでしょうか?


正しいストレッチポールの使用方法を学び、コアコンディショニングの指導をすることで、クライアントを理想的な姿勢に導き、肩こりや腰の違和感などの改善に効果を発揮します。
フィットネスクラブ、医療機関、スポーツの指導現場、などで活用されている
コアコンディショニングの指導方法をこの機会に学んでみてください。


◆講師プロフィール ―――――――――――――――――――――――――
 齋藤 廣之

 JCCAマスタートレーナー
 パーソナルトレーナー
 体育系専門学校非常勤講師

社会人経験の後に、整体師を経て運動指導者として20年活動する経験を持つ。

姿勢や健康のためには運動は必要だが、自身の「運動が苦手だった経験」を生かして、運動をしてこなかった初心者でも安心して指導を受けられる指導を行い、
運動前のカウンセリングやわかりやすさと感覚を大切にしたマンツーマンの運動指導で都内を中心にパーソナルトレーナーとして活動中。

同時に、健康運動業界の未来を担うトレーナーの育成にも力を注ぐ。
体育系専門学校の授業や運動系のセミナーでの講師活動での熱のこもった講義とアカデミックでわかりやすい伝え方には定評がある。

会場情報

会場名 R&F karada+
会場住所 120-0034
東京都 足立区千住3丁目60

[周辺地図]

表示される地図は、あくまで参考です。
目印が実際の会場とずれている場合がありますのでご注意下さい。

会場電話番号 03-3870-9305

このセミナーのお問い合わせ先情報

お問い合わせ先名 R&F karada+
受付担当 齋藤
お問い合わせ先電話番号 03-3870-9305
お問い合わせ先メールアドレス crann_bml@ymail.ne.jp

受講料(税込)

会員 4,400円
非会員 4,400円
再受講 1,100円

再受講料金での受講はJCCA会員の方のみとなっております。