トップページ >  健康運動指導者の方、スポーツ教育に携わる方へ >  コアコンを活用し活躍するトレーナー 中野ジェームズ修一

中野ジェームズ修一

プロフィール

中野ジェームズ修一1971年生まれ

3年先まで予約が取れない
一流パーソナルトレーナー

日本では数少ないメンタルとフィジカルの両面を指導できるトレーナーとして数多くのクライアントを持つ。過去の主な実績として、クルム伊達公子選手の現役復帰に貢献。全日本タイトル獲得までの体の基礎作りを主に担当。現在は福原愛選手のロンドンオリンピックまでのパーソナルトレーナーとして契約を結んでいる。

経歴(ヒストリー)

1997年
米国より帰国
2003年
有限会社スポーツモチベーションを設立
2003年
心理学を応用した独自の指導法「モチベーションテクニック」のセミナーを始める
2009年
モチベーションアカデミーを設立

指導者としての夢

日本のスポーツ人口を増やし、すべての指導者をモチベーターへ

「スポーツ列島化計画」と題し、日本のスポーツ人口を増やす活動を行っています。その為には、スポーツの楽しさ伝えたりや機会を与える事だけでなく、教える指導者側がやる気を高めさせる技術が必要です。すべてのスポーツ指導者をモチベーターにする事が私の夢です。

JCCAを学ぶきっかけ

クライアント自らが感じて動くことの重要性を実感した

在米中にみたストレッチポールを基礎から勉強してみたいと思った。

コアコンを学んで得たこと、現場で活かしていること

手技でクライアントを改善させようとしてしまう指導スタイルから、自ら感じさせて動いてもらった方がはるかに効果が高いという事実。これを知れた事がコアコンの最大の魅力です。

セミナースケジュールを見る