トップページ > 協会案内 > 会長・副会長メッセージ

会長・副会長メッセージ

会長・副会長からJCCAに関わる人へのメッセージ

JCCA会長岩崎 由純 JCCAは「本来あるべき状態」を追求し、感動や喜びをシェアする協会

JCCAが設立されたのは2003年のことでした。初めてストレッチポールに 乗ったときの感動を多くの人にお伝えしたいという思いで作った協会が、原則として掲げた「安全性」「再現性」「簡便性」を一途に守りながらも 大きく成長したのは会員様をはじめ、ご賛同いただいた皆様のおかげです。

競技スポーツの世界での感動をもっと多くの皆さんとシェアしたいと考えたメソッドは、賛同いただいた多くの専門家の手を経て安全で分かりやすいものになりました。その広がりがスポーツ界を飛び出しフィットネスさらには介護や医療の世界にまで及び、老若男女を問わず多くの方に愛用されるようになりました。

現在JCCAでは本来のコアコンディショニング、すなわち二足の立位をマスターした人類にとって永遠のテーマである体幹部の安定性を獲得するエクササイズを提唱しています。地球の重力の中にありながら美しい姿勢を保ち、自由に身体を動かすために必要なもの…それがコアコンディショニングです。

これからも皆様方と共にコアコンディショニングを通して、よりアクティブで美しい「本来あるべき状態」を追求し、感動や喜びをシェアできることを祈っています。これまで研究、指導、普及に携わって頂いた多くの皆さんに感謝すると共に、これからの素敵な出逢いを心より楽しみにしています。

これからもJCCAを宜しくお願い致します。多謝(たくさんのありがとう)

JCCA副会長日暮 清 目の前の患者・クライアントの快適な生活目標のために

私がアメリカのスポーツメディスンクリニックで勤務していたときある選手が腰痛で複数の治療家にかかり、体の歪みを指摘されたのですが、 どこがどうなっているのか実感がないと訴えてきました。そこで床の上に寝て、自分で感じ評価してもらいました。

次に様々なエクササイズを行ってもらい、そのつど床に寝てエクササイズを行う前と比較してどこがどのように変化したのかを表現してもらいました。

あまりの変化に選手は驚いていましたが、『まずは患者自身で体の状態に気づいてもらう』これが、僕にとってのコアコンディションニングの発想の原点であったと思います。

第1回シンポジウムで、ヒトの発育・発達に沿ったリハビリテーションを ご紹介させていただきました。その後、多くの先生方のお力で、コアコンディション教育プログラムが作られました。

すべては目の前の患者・クライアントの快適な生活目標のために、今後も努力していく所存であります。皆様どうかよろしくお願いいたします。